髪の悩み・傷みをあきらめていませんか?

・髪を伸ばしたいけどすぐに傷んでしまいキレイに伸ばせない。

・トリートメントをしているのに髪がバサバサでまとまらない。

・毎月カラーしたいけど、傷むから2ヶ月に1回にしている。

・くせ毛を自然なサラサラストレートヘアにしたい。

・パーマをしてもパサついてウェーブがキレイにでない。

・艶のある若々しい髪でいたい。

・年齢とともに髪の毛が弱くなって、艶もなくなってきた。

・梅雨時など湿気があると変なクセが出てまとまらない。

・時間がなくても簡単におしゃれに見えるスタイルがしたい。

このようなことでお悩みのあなたの髪の毛を、なないろてんとうむしの髪質改善トリートメントは子供の頃のような、艶のあるしなやかな美髪へと導いていきます。

 

なないろてんとうむしの髪質改善とは?

髪の毛はダメージすると親水化(水を吸う)になり乾きにくくなります。

傷んでない髪の毛は疎水性(水と馴染みにくい)が高く水をあまり吸い込まず乾くスピードも速いです。

トリートメント=保湿と考える方も多いと思いますが、保湿をすることで毛髪内部に必要以上の水が残ってしまい、ダメージヘアと「同じ状態」になります。

子供の髪の毛は何もしなくても艶々でサラサラです。

子供の髪の毛の様に、艶やかでサラサラな髪の毛を手に入れるには、髪の毛を疎水化する事が重要です。

熱は水分が多いほど伝わりやすく(湿熱)、乾く程に伝わりにくくなる性質(乾熱)を持つことから、ダメージして髪が保水している状態や、保湿系トリートメントを使用した時に、高温でブローしたりアイロンやコテの高温を入れてしまうと、必要以上に髪に熱が伝わりダメージの原因になります。

また、水分が残った状態で高温を入れて起きた毛髪は、髪の芯からダメージしてしまうという特徴があります。

ストレート、カラー、パーマなど薬剤を使用する施術はどうしてもダメージを伴います。

そして日常生活でのドライヤー、ブロー、アイロン、コテ、シャンプーなど、毎日の生活の中でダメージは少しずつ蓄積されていきます。

そしてダメージがどんどん蓄積されていくと髪の毛は親水性になります。

親水性の髪の毛はせっかくトリートメントなどで栄養補給しても、毎日のシャンプーですぐに流れてしまいます。

更に、もともとあった髪の毛のタンパク質も流出させてしまいます。(ガムテープを貼っては剥がすイメージです。)

また、水分を抱え込みやすくなっているので、ドライヤーで乾かしてもなかなか乾きません。

一生懸命ケアしているのにパサつきが治らないのは、髪の毛が親水性のままケアしているからです。

そこで、なないろてんとうむしでは、全ての施術に疎水型トリートメントを組み込み、ダメージ毛が保水しにくくなる様なケアをしています。

そうして疎水化された髪の毛は驚くほど軽く、やわらかく、いつまでも触っていたくなる髪になります。

疎水化された髪の毛は油分(トリートメントやオイル)がとてもよくなじむようになるので、ご自宅で簡単にケアしていただくだけで、綺麗な状態を維持することが可能になります。

疎水化されて水を含みにくくなっているので、湿気による膨張やうねりも改善されていきます。

なないろてんとうむしでは、全てのメニューに髪質改善トリートメントの力を借りてストレート、カラー、パーマをかけていくことで、薬剤の力を軽減させながらダメージケアを行います。

今の現在、ダメージをさせないでパーマやカラーを行う事は絶対に無理です。

ダメージレスというやり方はこの世には存在しません。

また、髪の毛が健康だからキレイだというわけでもありません。

傷んでないから正しいわけでなく、髪の状態を見極めて、キレイに見せたり扱いやすくする為の、程よいダメージは必要悪だと考えています。

『傷んでない=髪がキレイ』ではありません。

また、ダメージヘアはどんな高級なトリートメントをしても、治る事はありません。

しかし、傷んでない様に感じさせる事は、ある程度可能です。

ハイダメージ毛の方に『髪が治る』なんてウソは言いません。

上手にダメージ毛と付き合うアドバイスをします。

そしてダメージを進行させないための施術を心掛け、悪い状態の毛と、良い状態の毛を入れ替えていくお手伝いをするのが、なないろてんとうむしのダメージケアです。

© 2018nanairotentoumushi。Wix.comを使って作成されました